電気代を安くするオール電化

- 昼間より安い電気代

昼間より安い電気代

オール電化にすると、夜間に昼間より安く電気が使えることを、ご存知ですか?
これは実は電気の特性によるものなのです。
それぞれの地域によって、契約できる電力会社は異なりますがどの会社も原子力発電や水力発電を用いて電力を産み出します。

どこの地域でも使用される電力量のピークは夜間よりも昼間で、昼間に電力が足りなくなることのないよう、そのピークを予測して十分な電力を発電します。
(発電量不足で停電などしてしまったら大問題なのです)
そして使用電力量の落ち着く夜間には発電量をおさえられるかといったら、そうではありません。
電力会社の巨大な発電システムを、止めたり再始動したりするのはとてもコストがかかることだからです。

そのため、夜間でも昼間と同量の電力が発電されます。しかし、電気というのは貯めておくことが出来ません。
ただでさえ昼間に足りるようたっぷり作った電気は、夜間はさらに余ってしまいます。
これでは電力会社の負担は大きく、そして発電に使った限りある資源が無駄になってしまいます。
そこで今回ご紹介しているオール電化家庭との夜間電力契約サービスが考え出されました。

多少安くても、全く使われずに無駄になってしまう電力を買い取ってもらえれば、電力会社は利益があがりますしユーザーもありがたいサービスです。
夜間という安い時間帯なので、お風呂を沸かすのもかなり節約できるはずです。

需要も増加

太陽光発電システムの導入を考えている方も多いかと思います。
この太陽光発電システムは、ここ最近のエネルギー問題の影響からその需要も増加してきているのではないでしょうか?
また、この太陽光発電システムは、電気を電力会社に売却することもできるようになりました。
そのお蔭で、毎月の電気代を安くすることもでき、ひいてはそれが節電へと繋がっていくのではないかと思います。

さて、この太陽光発電システムですが、いったいどれくらいの省エネ効果があるのでしょうか?
これは、例えば、7kWシステムの太陽光発電システム設置を例にとってみますと、石油に換算して年間でおよそ864リットルの資源が節約可能ということです。
これって凄いですよね。

太陽光 発電を使用することにより、節電効果もありまた、省エネ効果も出てくるということです。
現在では原発により、電気を作っていますが、この原発は、いざ地震などが起きると、その作用は停止され、環境にも大きな影響を及ぼしてきます。
この影響は長期間によって続きますので、私たち、住民に対しても大きな影響が出てきます。
そうならないためにも、今後は地球にやさしい発電をしてもらいたいと思います。

この太陽光発電システムにより、電気を自ら作ることができ、またそれを売電することにより利益まで得ることができるので、この発電に対する意識も今後は増加してくるのではないかと思います。
と同時に太陽光発電システムに対する需要も増えてくるのではないでしょうか?

沖縄 太陽光発電プロショップ【宜野湾電設】太陽光発電、オール電化、省エネのご提案
沖縄 太陽光発電プロショップ【宜野湾電設】太陽光発電、オール電化、省エネのご提案

新着情報

◆2013/10/17
昼間より安い電気代の情報を更新しました。
◆2013/09/24
管理人・運営者の情報を更新しました。
◆2013/08/26
メールフォームを新規投稿しました。
◆2013/08/26
サイトマップの情報を更新しました。
◆2012/11/12
理解しておくべきを新規投稿しました。